ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?_00

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?

2017.04.12

最近は、職場などでも匂いについて気を使うことが多くなってきています。ちまたでは清潔を好む風潮が広がっていて、匂いについても厳しい環境になってきているのは紛れもない事実。「汗はオトコの勲章」というワイルドさはもちろん素敵ですが、こんな世の中だからこそ、匂いには気を配りたいものです。

 

「まだ匂わんから大丈夫だろう」はワイルド過ぎる!! まずはきちんと洗濯を


sus0412_2
ワイルドな風貌からイケメンゴリラとして話題になったシャバーニくん(愛知県・東山動植物園)


匂い対策の根本は、やはりきちんと洗濯をすることです。「まだ匂わないから大丈夫だろう」というのは、少しワイルドが過ぎます。2日、3日洗濯をしないでいると、他の人が衣類に付いた匂いに気づき、不快に感じてしまうかもしれません。厄介なのは、自分の匂いを、自分ではなかなか気づけないところです。

 

また冬場は暑い季節よりも汗をかかないので大丈夫、と思いきや、そうでもありません。実は汗は、冬場の方がくさくなるといわれています。汗をあまりかかない分、サラッとした汗ではなく、粘り気のある匂いのキツイ汗が出やすくなるというのが、冬場に汗がくさくなる理由です。よって冬場こそ、ワイルドになりすぎないよう注意し、きちんと洗濯をしましょう。

 

特に作業着は、念入りに洗濯することをおすすめします。作業中に着ているのですから、当然、汗もたくさんしみ込んでいるわけです。作業中にはそれほど匂わない汗も、作業着を脱いだまま放っておくと、汗を栄養とする雑菌が繁殖して荒々しい仕上がりになってしまいます。

中に着ているシャツなどはマメに洗っても、上に着る作業着は、毎日は洗わないというマッチョスタイルな人もいることでしょう。しかし作業着は、出来るだけ頻繁に洗濯することをおすすめします。

 

では、ここからは具体的に匂い対策として有効なアイテムや手立てをお伝えしていきましょう。現在ワイルドが先行しがちな職人さんは、今一度、頭文字のWをひっくり返して、徐々にマイルド(Wild→Mild)になってもらうお手伝いになれば幸いです。

 

sus0412_3

Wild to Mild 1 匂い対策グッズはこんなにたくさん


匂いの元は、身体というよりも服である場合が多いので、作業着などに匂い対策を施すことが有効な手立てです。例えば『急速イオン消臭スプレー NULA(ヌーラ)』(『興和堂』)という製品を衣服に使用すると、一日中、匂いの発生を抑えることができます。こちらは匂いの上に匂いをかぶせて消すのではなく、消臭成分により匂いをイオン化結合して無臭化してしまうという仕組みです。

 

『グランズレメディ』(『シャッフル』)という製品は、靴の消臭、除菌に効果的。粉状の製品を少量、靴の中にまんべんなく振り入れるだけで、長期間、消臭の効果が続き、足元が破天荒な感じを出してしまうのを防いでくれます。

 

『花王』の『リセッシュ』は携帯タイプの消臭除菌スプレーです。汗や皮脂の匂いを抑える効果があります。持ち歩きやすいサイズなので、いざという時に便利に使うことができます。鼻をかすめる服に残ったタバコのダンディズム(勘違い!?)を消すのにも有効でしょう。

 

『マンダム』の『リフレッシュデオペーパー』は、「男の匂い」を消してくれます。とくに30代くらいから増えるといわれている特有のワイルドさ、『ミドル脂臭』対策にも効果を発揮します。この他にも、匂い対策グッズはたくさん世の中に出回っていますので、自分の匂い対策に有効と思われるものを見つけてみてください。

 


Wild to Mild 2 洗剤にこれを足してみる


洗濯をしても、ワイルドに仕上がってしまった作業着等のしつこい匂いは、簡単に落ちないことがあります。最初はそれほど匂わなくても、次第に匂いが増してくるのです。その原因は、匂いの元となる皮脂やタンパク質、雑菌などが洗濯によりしっかりと洗浄されていないからだと言います。

 

しかし、洗濯物から匂いの元をなくすための製品が、最近は多く出回っています。たとえば『レノア プラスデオドラントビーズ』(『P&G』)という製品。ビーズ状のこの製品を洗剤と一緒に入れて洗うと、匂いを元から消してくれる効果があるといいます。レノア分子イオンが匂いの分子を取り込んで、無臭の成分に中和してしまうのです。匂いをごまかすのではなく、消してしまう、と評判も高いようです。

sus0412_4

『ニトムズ』の『デオラフレッシュ』も人気があります。洗剤と一緒に入れるだけで、部屋干しや汗の匂いをとり、除菌までしてくれるすぐれものです。天然成分なので、「俺ワイルドだけど、肌は弱いんだ」という人(普通に肌が弱い人にももちろんOK)の衣類にも使えるとのこと。少量でも効果が高く、長持ちするとの声が多く見受けられる製品です。もし洗濯だけでは匂いが消せないようならば、上述のような製品を積極的に試してみてください。

 

 

Wild to Mild Extra 気配りも大事


ワイルドさが過ぎてしまうとついつい「男は匂いなど、細かいことは気にしないのだ!」と考えがちかもしれません。建設現場では女性が少数派という状況はありつつも、最近は若い世代になるほどに、男性でも匂いなどのエチケットを気にする人たちが増えています。

 

そして、職場ではあらゆる世代の人と接する可能性があるわけですから、良好な関係を築いていくためにもそうした配慮はやはり大切です。気配りをする人は、仕事上手とまわりの人も評価してくれるでしょう。仕事だけでなく、恋愛でも、家庭でも、友人との付き合いにおいても、気配りは大事。ほんのちょっと衛生面が「漢」過ぎたことで、周りの人から嫌われてしまっては元も子もありません。たかが匂いでと思われるかもしれませんが、ちょっとしたことの積み重ねで、人の印象など良い方向にも悪い方向にも転がってしまうのです。

 

特に匂いなどの場合、相手も最初はなんとなく意識しているだけで、口に出して不満を言ってこないのが普通です。はっきりと言ってくる人間は、よほどの正直者な人ぐらいでしょう。誰にも言われず、自分も気づきにくい匂い。だからこそ普段から気を配って、匂う、匂わないにかかわらず、対策をしておくことが大切なのです。

おすすめ記事(PR)

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる_00

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる

【職種 CADソフト販売・サポート・コンサルティング】建設業界またはそれに関連するシゴトに就く人々に、面白さ、魅力、働いてみて大変だったことなどをインタビュー。「リアル」に迫ります!! −vol.12 株式会社プラスバイプラス−

2017.12.08

特集

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた_00

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた

今回、素人でも使えてWEBで簡単に住宅のCAD設計ができるツールがあると聞き、「そんなもんより俺の方が上手く書けるし」と思ったサスマガ編集部員が、フリーハンドで速さ、綺麗さ勝負を挑んでみました。

2017.11.27

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?_00

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?

「仕事なんだから男なら、匂いとか、細かいことは気にしない」なんて、ワイルドすぎる働き方をしてませんか? ただ、何かにつけて「ハラスメント」になってしまう世の中なので、これは是非とも気をつけたいところ。そこで今回は、匂い対策を紹介します。

2017.04.12

ランキング

「格闘家」だけを雇用する金属工事の会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】_00

「格闘家」だけを雇用する金属工事の会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】

格闘家を従業員として雇用する金属工事の工務店『(株)逸鉄』。そこで働く職人5名は全員が「ブラジリアン柔術」と呼ばれる、寝技を主とした組み技系の格闘技に取り組んでいる。同社はなぜ、格闘家ばかりを雇い入れたのか? 代表取締役の方にインタビューしました。

2017.06.26

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。_00

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。

建築・土木・大工・左官など29種類の建設業界に存在するさまざまな業種の仕事を1日体験し、その仕事内容や様子を伝えていきます。

2017.02.01