光をコントロールできれば、空間が快適に!_00

光をコントロールできれば、空間が快適に!

2018.03.09

室内で照明を利用する場合、十分な明るさを必要とする場合や、さほど明るさを必要とせず、適度に暗くしてそのムードを楽しむような場合があります。このように、状況に応じて明るさを適切に調節することを「調光」と呼びます。

 

昨今はLEDの普及により、よりきめ細やかな調光が可能となりました。今回は適切な明るさを確保する「調光」について詳しく見ていくことにしましょう。明るさを適切に調節することで、あなたも快適な空間を手にしてください。

 

調光はLEDに限った話ではない


調光と言えば、LED照明の明るさをリモコンで調節することがイメージされやすいですが、照明の調光はLED照明に限らず、蛍光灯タイプの照明でも調光が可能です。蛍光灯タイプの照明では、照明のひもを引っ張ることによって、明るさを切り替えられる仕組みとなっています。

 

また、調光は照明の明るさを調節することに限らず、室内に差し込む日差しの量を調整し、室内を適度な明るさに調節することも含まれます。例えば、室内に太陽の光が直接差し込むと、まぶしさを感じられますが、まぶしさを和らげるためにロールスクリーンなどを利用することがあげられます。

 

 

調光の種類について


sus0309_2

調光の種類としては、LED照明に適した『PWM調光』と、白熱電球に適した『位相制御調光』があります。

 

PWM調光は、簡単に説明するとLEDが点灯と消灯を繰り返すことですが、点滅時の周波数を高くすると、LEDは点灯と消灯を繰り返していながらも、見た目には照明として照らされているように見えるのです。

 

消灯よりも、点灯している時間の方を長くすると、明るくすることができます。逆に、点灯よりも、消灯している時間の方を長くすると、暗くすることができます。ただし、周波数が低くなると、LEDの点滅を「ちらつき」として感じるようになります。

 

位相制御調光とは、電球内の細い金属線であるフィラメントに電圧を加えることで、発した熱を光に変換する方法です。こちらは調光の仕組みを説明すると、上記以上の睡眠導入効果が見込めるため、ここでは割愛させていただくことにしました。詳しく知りたいという人は、調べてみてください。

 

調光は道具の工夫で手にできる


前述の通り、調光は照明の明るさを調節するイメージが強いですが、広い意味では、外から差し込む太陽の光を適切に調節することも調光に含まれます。そこで室内に差し込む太陽の光を調節するには「調光ロールスクリーン」の利用が効果的です。

 



(動画は『松装株式会社』(インテリアの販売・施工・企画・設計)の『YouTube』チャンネルより)

 

「百聞は一見にしかず」。まずは上の動画をご覧ください。動画の通り生地の配置を適切に調節することで、光を通す部分を広くしたり、あるいは、光をさえぎる部分を広くしたりできます。これが、調光ロールスクリーンの調光の仕組みです。

 

ほかにも、室内の明るさをあげるという意味では、内装の色なども意識すると良いでしょう。美術の授業などで教わった人もいるかと思いますが、白という色は光を反射します。

 

撮影現場などをイメージするとき、アシスタントの方などが白いレフ板を持っている姿を一緒に連想しますよね? あれはストロボの光や自然光の当たりが弱い箇所に光を反射させて当てるために使われているものです。

 

sus0309_3

要するに、外光が入ってくる窓際や室内の照明の周辺などに、白い物が配置されているだけでも採光能力に若干の違いが出てきます。なお、反射の法則は「入射角と反射角は等しい」です。その辺りを意識して配置、設計すると良いでしょう。

 

室内を明るくしたいという人はもちろん、敢えて暗いムードを楽しむためにも、こうした調光の知識は知っておいて損はないはずです。生活シーンに応じて、調光できる製品、レイアウトなどを考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

光をコントロールできれば、空間が快適に!_00

何もしなくても自然に汚れが落ちる!? 光触媒塗料とは?

塗料にはさまざまな種類がありますが、その中でも注目されているのが、光化学反応である光触媒を利用した光触媒塗料です。この光触媒塗装について紹介していきましょう。

光をコントロールできれば、空間が快適に!_00

【シゴトのこだわり 02 電気工事】「照明デザイナーの意図を実現した時の達成感」

建設業界の仕事の面白さ、働いてみて大変だったことなど、「リアル」に迫ります。 ーー【vol.2 電気工事】「照明デザイナーの意図した明かりを現実にした時、他では味わえないような達成感が得られます」。

光をコントロールできれば、空間が快適に!_00

【現場女子】「クロスの仕事は、女の子にこそやってほしい」

「女子建設職人たちの、未来を見据えた座談会」(前編・後編)にも登場していただいた、クロス職人歴12年の深山じゅんさん。彼女に密着し、職人としての価値観やこれまでのキャリア、仕事への想いに迫りました。

光をコントロールできれば、空間が快適に!_00

【 現場監督の仕事術 vol.1】現場監督一筋14年!の小島さんが教えるスキルの身につけ方

全3回でお送りする【現場監督の仕事術】特集。下地・間仕切り・塗装の3つの工程現場で、それぞれのポイントや仕事の進め方についてお話を訊きました。

光をコントロールできれば、空間が快適に!_00

【現場女子】女子建設職人たちの、未来を見据えた座談会《前編》

2月上旬、千葉県某所で女性職人だけが集まる現場にお邪魔しました。彼女らのチーム名は「建設職人甲子園女子部」。 そんな世間的には珍しい現場に集まった5人の建設女子の座談会・前編をお届けします。

おすすめ記事(PR)

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる_00

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる

【職種 CADソフト販売・サポート・コンサルティング】建設業界またはそれに関連するシゴトに就く人々に、面白さ、魅力、働いてみて大変だったことなどをインタビュー。「リアル」に迫ります!! −vol.12 株式会社プラスバイプラス−

2017.12.08

【菜花空調の「シゴトのこだわり」 設備工事】手がけるもの全てが造形物であり、作品。完成形を眺めるのが楽しい _00

【菜花空調の「シゴトのこだわり」 設備工事】手がけるもの全てが造形物であり、作品。完成形を眺めるのが楽しい 

【職種 設備工事】建設業界またはそれに関連するシゴトに就く人々に、面白さ、魅力、働いてみて大変だったことなどをインタビュー。「リアル」に迫ります!! ーvol.11 株式会社菜花空調ー

2017.09.15

特集

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた_00

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた

今回、素人でも使えてWEBで簡単に住宅のCAD設計ができるツールがあると聞き、「そんなもんより俺の方が上手く書けるし」と思ったサスマガ編集部員が、フリーハンドで速さ、綺麗さ勝負を挑んでみました。

2017.11.27

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?_00

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?

「仕事なんだから男なら、匂いとか、細かいことは気にしない」なんて、ワイルドすぎる働き方をしてませんか? ただ、何かにつけて「ハラスメント」になってしまう世の中なので、これは是非とも気をつけたいところ。そこで今回は、匂い対策を紹介します。

2017.04.12

ランキング

「格闘家」だけを雇用する会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】_00

「格闘家」だけを雇用する会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】

格闘家を従業員として雇用する工務店『(株)逸鉄』。従業員5名は全員が「ブラジリアン柔術」と呼ばれる、寝技を主とした、組み技系の格闘技に取り組んでいる。同社はなぜ、格闘家ばかりを雇い入れたのか?

2017.06.26

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。_00

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。

建築・土木・大工・左官など29種類の建設業界に存在するさまざまな業種の仕事を1日体験し、その仕事内容や様子を伝えていきます。

2017.02.01