型枠大工で活躍するなら取りたい「型枠施工技能士」の資格とは?_00

型枠大工で活躍するなら取りたい「型枠施工技能士」の資格とは?

2019.02.25

型枠施工技能士は職業能力開発促進法にもとづく国家資格で、上級技能者の1級は厚生大臣、中級技能者の2級は各都道府県知事の合格証が発行されます。

型枠施工技能士は建設科の職業指導員の受験時には、実技試験が免除される高い技術をもつ型枠組み立ての技能者です。資格取得に必要な試験についてや、試験対策について紹介します。

 

No.1建設マッチング SUSTINA

 

型枠施工技能士とは?


型枠工事の仕事は、鉄筋コンクリート工法で杭の上に鉄筋を組んだものを枠で形成してコンクリートを流して固めるものです。型枠施工技能士はビルなどの建物や橋、トンネルなどの、コンクリートを使用する工事現場で型枠が必要になるものすべてを施工します。あらかじめ設計により型枠を組み立てコンクリートを流しますが、施工図を作り材料をそろえて測量・加工をする高度な技術者で、その資格の等級には1級と2級があります。

 

似た資格には登録型枠基幹技能者があり、これは国家資格ではなく日本型枠工事業協会が認定する民間資格です。登録型枠基幹技能者は実務経験が重視された受講資格を持つ人が、認定講習会を受講して認定されます。

 

型枠大工工事を仕事とする職人は経験年数に応じて資格を取得しながら技術を向上させるので、40才前後で給与が高くなる傾向があります。型枠大工職人の初任給は16万円位からで、推定平均給与は20代で18万円位、30代で26万円位、40代で38万円位です。給与は日給月給制が多いのですが熟練職人になれば出来高払いもあり、大きな企業では月給制となっているようです。月給制でも能力給の会社が多いので、型枠施工技能士の資格を持つなど、仕事で高い技能が証明されていれば高収入を見込めるでしょう。

 

型枠施工技能士の仕事は、ビル(建物)工事では都会に集中しますが、土木工事は道路や橋など全国各地に現場があり、需要は多いと言えます。型枠大工職人には若年層が少なく中高年齢層が中心となっていますが、これからは型枠施工技能士の資格を持つ理論と技能をマスターした専門技能工が多くなると推測されています。

 

 

型枠施工技能士の試験とは?


型枠施工技能士の資格試験は、国土交通省が工事水準の向上のため現場作業の指導をする1級技能士を常駐させるように設立されました。技能検定は厚生労働省が定めた計画に基づき中央職業能力開発協会が問題を作成、各都道府県職業能力開発機構が実施しています。

 

試験の申し込みの受付や問い合わせは、各都道府県の職業能力開発機構が行っています。実技試験は6月上旬~9月中旬と12月上旬~2月下旬で、学科試験は7月下旬~9月上旬と1月下旬~2月上旬に行われます。実施場所は各都道府県の職業能力開発機構が指定した場所になります。

 

型枠施工技能士には1級と2級があり、平成29年からは3級の試験も行われています。1級型枠施工技能士の受験資格は学歴により実務経験年数は異なりますが7年以上の実務経験か、2級合格後2年以上の現場での実務経験が必要です。2級型枠施工技能士も学歴により実務経験が不要になりますが、実務経験2年以上となっています。実技試験の時間は1級の製作等作業試験は5時間、計画立案等作業試験は2時間の時間内に仕上げます。2級では製作等作業試験が5時間の時間内で行われます。

 

学科試験は施工法、材料、建築構造および土木構造、製図、関係法規、安全衛生について問われます。実技試験は型枠大工工事作業を行います。

 

型枠施工技能検定試験の難易度としては、1級の資格試験は普通、2級は簡単と分類されています。合格率は各都道府県により違いはありますが、3割から5割くらいとなっています。

 

 

型枠施工技能士の試験対策


型枠施工技能士の資格試験を受検する時には現場の実務経験や養成校卒業などの条件があります。実務経験は現場での仕事の経験を積むことですが、学科試験には対策が必要でしょう。養成学校などを修了することで得た専門的な知識や、現場での経験からの技術や知識があることも大切です。

 

型枠施工技能士の試験対策としては、型枠協同組合などで実施している講習会を受講することをおすすめします。他にも技能研修センター、教育訓練センター、公的な職業訓練校などで型枠施工技能士試験対策講習を行っていて、受講すると学科試験は免除になります。また日本建設大工工事業協会では、型枠受験ハンドブックの実技試験解説や実技試験対策講習を行っています。講習は1日で実技の作業試験のポイントやペーパーテストの型枠加工図などです。また通信教育コースのスクーリングなどもあるので、自分に合ったものを利用するといいでしょう。

 

学科試験の参考書には日本型枠工事業協会から出されている、型枠技能検定の受検参考書や過去問題集、型枠施工の基本参考書、型枠技能検定参考書などがあります。学科試験は過去の問題を中心に学習しておきましょう。

 

建設業界では若年層の人材不足が懸念されています。型枠施工技能士のように高い技術や知識を取得した人材が増加することで、建設業界全体が活気を持つことになります。業界でも資格取得を推し進める動きがあるので、就職や転職に有利な国家資格である型枠施工技能士の資格を取得することをおすすめします。

 

 

まとめ


型枠施工技能士はコンクリートを使う工事で、施工図を作り材料をそろえて測量・加工し組み立ててコンクリートを流すという高い技術と知識をもつ資格者です。型枠施工技能士は建設業界の仕事において、ニーズの高い、就職や転職に有利な資格と言えます。

おすすめ記事(PR)

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる_00

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる

【職種 CADソフト販売・サポート・コンサルティング】建設業界またはそれに関連するシゴトに就く人々に、面白さ、魅力、働いてみて大変だったことなどをインタビュー。「リアル」に迫ります!! −vol.12 株式会社プラスバイプラス−

2017.12.08

特集

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた_00

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた

今回、素人でも使えてWEBで簡単に住宅のCAD設計ができるツールがあると聞き、「そんなもんより俺の方が上手く書けるし」と思ったサスマガ編集部員が、フリーハンドで速さ、綺麗さ勝負を挑んでみました。

2017.11.27

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?_00

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?

「仕事なんだから男なら、匂いとか、細かいことは気にしない」なんて、ワイルドすぎる働き方をしてませんか? ただ、何かにつけて「ハラスメント」になってしまう世の中なので、これは是非とも気をつけたいところ。そこで今回は、匂い対策を紹介します。

2017.04.12

ランキング

「格闘家」だけを雇用する金属工事の会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】_00

「格闘家」だけを雇用する金属工事の会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】

格闘家を従業員として雇用する金属工事の工務店『(株)逸鉄』。そこで働く職人5名は全員が「ブラジリアン柔術」と呼ばれる、寝技を主とした組み技系の格闘技に取り組んでいる。同社はなぜ、格闘家ばかりを雇い入れたのか? 代表取締役の方にインタビューしました。

2017.06.26

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。_00

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。

建築・土木・大工・左官など29種類の建設業界に存在するさまざまな業種の仕事を1日体験し、その仕事内容や様子を伝えていきます。

2017.02.01