音漏れも近隣トラブルにつながる世の中。防音対策でそんな面倒を回避する!!_00

音漏れも近隣トラブルにつながる世の中。防音対策でそんな面倒を回避する!!

2017.12.13

学校や病院にあるカウンセリングルームでは、相談者の話し声が隣の部屋に漏れないようにする必要があり、防音性を高めた造りになっています。

 

もし自分の部屋でも防音対策をしたいと思った場合、どの様な防音対策が出来るのか。今回は室内の防音対策にどのような方法があるのかを見ていきましょう。

 ヘッドホン

 

意外とお手軽な「防音カーテン」


一般的なカーテンの役割は日差しをさえぎることですが、カーテンを張ることによって、空気の流れをさえぎることができます。

 

音は、空気の振動によって伝わりますが、カーテンを張ると空気の振動が伝わりにくくなり、音がさえぎられやすくなるのです。

 

一般的なカーテンでも僅かな効果はありますが、防音に特化した「防音カーテン」を利用するといいでしょう。

 

一般的なカーテンとは違い、生地の織り方を工夫することで防音性を高めているだけではなく、遮音効果の高い金属やアクリルなど生地に含ませることで防音性を高めています。

 

なお、防音カーテンは、防音性能を高めた製品ではあるものの、完全に音をさえぎることができないので、「防音補助材」という理解をしておく必要があります。

 

「遮音シート」と「吸音材」は良きパートナー


そのほか、遮音する方法としては「遮音シート」と「吸音材」の利用があります。

 

遮音シートとは、シートの内部に音をさえぎる素材が含まれている建材のことで、音を跳ね返す作用があります。

 

通常、遮音シートは、壁を施工する際に壁の内側に張るものですが、壁に張って使用することもできます。

 

なお、遮音シートだけでは大きな効果は見込めないので、音を吸収する「吸音材」を併用すると、遮音効果が高まります。

 

吸音材

 

写真のような吸音材を併用する場合は、遮音シートを張った上に吸音材を張ります。その理由は、吸音材を上に張ることにより、音のエネルギーを弱め、音を跳ね返すので、効率的に防音効果が見込めるからです。

 

なお、遮音シートはゴム製で重みがあることから、壁に張る場合は、強めの両面テープを使用するか、画鋲等で固定するなどして、落下しないようにしておきましょう。

 

それでも音漏れが気になるなら、防音リフォームの検討を!


防音カーテンや遮音シートなどを利用すれば、自分でも防音対策をすることが可能ですが、それでも室内の防音が不十分に感じる場合は、施工業者に防音リフォームを依頼しましょう。

 

防音リフォームでは、遮音シートと吸音材を壁の内側に施工するので、壁を解体した上で、下地材に遮音シートと吸音材を張り付ける工事を行います。

 

遮音シートは、壁に直接張ると落下が心配ですが、壁の内側であれば、遮音シートと吸音材を確実に張ることができます。また、壁に遮音シートを張る必要がないので、壁はそのままの状態を維持することができます。

 

さらに壁の内側に入れることで「壁」というフィルターがプラスされるので防音効果も上がるのです。

 

紹介したカーテンや壁の防音対策のほかに、施工業者に頼むことで、窓を二重サッシに変えたり、防音フィルムを張ることで対策ができますし、床にも遮音マットやクッションなどでも防音対策を施すことができます。

 

ちなみに、防音工事は防音工事専門の会社、もしくはリフォーム会社で頼むことが可能です。

 

1人で出来る防音対策もありますが、防音リフォームをすることで、防音対策がより万全なものとなります。室内の防音性を高めたい場合は、お部屋の環境を考慮し、最適な対策を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

音漏れも近隣トラブルにつながる世の中。防音対策でそんな面倒を回避する!!_00

リフォームで起こるトラブルってどんなトラブル?

リフォームに人気が集まっている現在。皆さんも1度はリフォームをしようかと考えたことがあるのではないでしょうか?

音漏れも近隣トラブルにつながる世の中。防音対策でそんな面倒を回避する!!_00

DIYはここまで進んでいる!? 大工も驚きのDIYトレンド

ちょっと前まではプロの大工職人しかできないとされていた作業を、「DIY」として主婦でも手軽にチャレンジできるようになりました。今回は、ここまで出来るの!?な「DIY」をご紹介。

おすすめ記事(PR)

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる_00

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる

【職種 CADソフト販売・サポート・コンサルティング】建設業界またはそれに関連するシゴトに就く人々に、面白さ、魅力、働いてみて大変だったことなどをインタビュー。「リアル」に迫ります!! −vol.12 株式会社プラスバイプラス−

2017.12.08

特集

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた_00

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた

今回、素人でも使えてWEBで簡単に住宅のCAD設計ができるツールがあると聞き、「そんなもんより俺の方が上手く書けるし」と思ったサスマガ編集部員が、フリーハンドで速さ、綺麗さ勝負を挑んでみました。

2017.11.27

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?_00

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?

「仕事なんだから男なら、匂いとか、細かいことは気にしない」なんて、ワイルドすぎる働き方をしてませんか? ただ、何かにつけて「ハラスメント」になってしまう世の中なので、これは是非とも気をつけたいところ。そこで今回は、匂い対策を紹介します。

2017.04.12

ランキング

「格闘家」だけを雇用する会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】_00

「格闘家」だけを雇用する会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】

格闘家を従業員として雇用する工務店『(株)逸鉄』。従業員5名は全員が「ブラジリアン柔術」と呼ばれる、寝技を主とした、組み技系の格闘技に取り組んでいる。同社はなぜ、格闘家ばかりを雇い入れたのか?

2017.06.26

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。_00

【現場1日体験vol.1】道路舗装に1日密着したら、そこには「男たちのカッコイイ仕事」があった。

建築・土木・大工・左官など29種類の建設業界に存在するさまざまな業種の仕事を1日体験し、その仕事内容や様子を伝えていきます。

2017.02.01