仕事での汚れがよく落ちる最強の洗剤は?_00

仕事での汚れがよく落ちる最強の洗剤は?

2016.11.10

建設現場で働く以上、しつこい汚れに見舞われることもしばしば…。

しかし、その汚れを放置してしまうことは衛生上も好ましくありません。

土木作業などで付着する泥汚れ、鉄工所では金属粉による汚れ、ペンキによる汚れなどなかなか落とせない汚れもありますが、コツと最強の洗剤を知ればバッチリ綺麗にすることができるでしょう。

 

襟や袖などの部分汚れにはこれ!「ウタマロ石けん」


 

襟や袖などに付着した汚れを落とすためには手洗いでしっかり洗うのが一番です。

洗濯機が一般的になった現代では手洗いと聞くと違和感を抱く人もいるかもしれませんが、石けんもいろいろなものが発売されており、的確に汚れを落としてくれるものも多くあります。

中でも緑一色なのが印象的な「ウタマロ石けん」は白色をより一層白くしてくれると評判です。作業着の汚れが少しうっすらと緑色になるまで石けんを馴染ませ、その緑色が消えるまでもみ洗いをすれば驚くほど綺麗に汚れが落ちます。

また、ウタマロ石けんは1つ100円程度で購入できるので、コストパフォーマンスも良いと人気を呼んでいます。

 

市販製品と侮るなかれ!繊維まで綺麗にする「ナノックス」


 

一般的な家庭用洗剤として市販されている合成洗濯洗剤(洗浄成分に合成界面活性剤を使っている洗剤)もコストパフォーマンスがよく、また、どのご家庭にもあるでしょうから、別に作業着専用のものを購入する必要がありません。

いろいろな洗剤で洗濯機の横が占領されてしまうという事態も防げます。競合商品が多いので機能を向上させるため商品開発が絶えずなされ、今では用途に合わせ選ぶことができるようになりました。

たとえば、ニオイをターゲットにした超コンパクト洗剤である「ナノックス」は発売当初から高い人気を誇る商品です。繊維に染み込もうとしている皮脂汚れをLOという成分によって浮き上がらせ、浮き上がった皮脂汚れを今度はMEEという成分によって分解するので、繊維1本1本まで徹底的にクレンジングしてくれます。市販の製品であってもある程度の汚れであればバッチリ落とすことができます。

 

市販製品でも落ちない汚れもよく落ちる!「緑の魔女」、「泥スッキリ」


 

市販製品では落とせない汚れは、業務用洗剤を用いて落とすことになります。

業務用洗剤は家庭用製品と何が違うかといえば、業務用洗剤の中には洗浄力を強化するため、アルカリビルダーや蛍光増白剤、酸素系漂白剤が家庭用製品よりも多めに入っています。業務用とはいえ、近年では通販により購入することができるので、手を伸ばしやすくなりました。ここでは業務用洗剤を2つご紹介しましょう。

まずはドイツ生まれの「緑の魔女」です。この商品は弱アルカリ性なので、中性洗剤では落とし切れない油汚れを落とすのに適しています。

魔女という不穏な名前とは裏腹に地球にやさしく、環境汚染につながる成分を一切使用していないので敏感肌の方の衣服を洗濯するためにも安心してご使用いただけます。

次にご紹介するのも弱アルカリ性の商品で、「泥スッキリ本舗 泥スッキリ 303 黒土専用洗剤」です。

外で作業をしていればどうしても付着してしまう泥汚れをこの商品は白く綺麗さっぱり落としてくれます。しかも、カンタンなつけ置きとモミ洗いをするだけなので、煩わしい手間はかかりません。

 

液体洗剤の洗浄力を1.5倍に!?「セスキ炭酸ソーダ」


 

洗浄力をアップさせるための商品も販売されています。

たとえば「セスキ炭酸ソーダ 洗濯用」は、炭酸ナトリウムと重曹を混ぜ合わせたパウダー状の商品で、アルカリ性を強めるので、洗剤だけを使う場合よりも油汚れがより落ちやすくなります。

この商品の名前である「セスキ」というのは3分の2を示す化学用語であり、液体洗浄の洗浄力を1.5倍高めてくれます。また、適量を計って洗濯機に直接入れるだけなので、簡単に使用することができます。

直接洗濯機に入れるだけでも十分効果が期待できますが、もしそれでも気になる頑固な汚れがあるのであれば汚れのひどい個所にセスキ炭酸ソーダ水溶液をスプレーした後に、あるいは洗濯物をセスキ炭酸ソーダ水溶液にしばらく浸け置きしてから洗濯するとより高い効果が表れます。

 

汚れを落とすためには、その汚れの種類を見極めよう!


 

まずはその作業服の汚れが何かを見極めてから、その汚れに合った洗い方を実践しましょう。

作業服の汚れは主に油汚れ、泥汚れに分類されます。油汚れは酸性なので、まずアルカリ性の石けんを使ってつけ置き洗いをしましょう。このときやけどしないように注意しつつ、できるだけ温度の高いお湯を使った方が汚れは落ちやすくなります。

今ご紹介した商品でいえば、「緑の魔女」、「泥スッキリ」、「セスキ炭酸ソーダ」が適しています。泥汚れは鉄分を含んでいる場合、やや落ちにくいですが、「ウタマロ石けん」を使用すればバッチリ綺麗になります。

関連記事

仕事での汚れがよく落ちる最強の洗剤は?_00

オリンピック競技・スポーツクライミングの人気と設備工事の今【趣味・スポーツ × 建設業】

『ボルダリング』をはじめとし、注目度も愛好者の数も目覚ましく伸びてきている『スポーツクライミング』。今回、サスマガでは、その専門施工事業者と、施設担当者に「スポーツクライミングの人気と工事の今」を聞いた。

仕事での汚れがよく落ちる最強の洗剤は?_00

「格闘家」だけを雇用する金属工事の会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】

格闘家を従業員として雇用する金属工事の工務店『(株)逸鉄』。そこで働く職人5名は全員が「ブラジリアン柔術」と呼ばれる、寝技を主とした組み技系の格闘技に取り組んでいる。同社はなぜ、格闘家ばかりを雇い入れたのか? 代表取締役の方にインタビューしました。

仕事での汚れがよく落ちる最強の洗剤は?_00

【建設業界で働く女子】クロス職人は、女の子にこそやってほしい!!

「女子建設職人たちの、未来を見据えた座談会」(前編・後編)にも登場していただいた、クロス職人歴12年の深山じゅんさん。彼女に密着し、職人としての価値観やこれまでのキャリア、仕事への想いに迫りました。

仕事での汚れがよく落ちる最強の洗剤は?_00

カナダ人大工職人、アダム・ズゴーラが込める日本の伝統建築への想い

2003年に来日したカナダ人のアダム・ズゴーラ氏は、日本家屋にインスピレーションを感じ、大工職人の道を志したひとり。アダム氏から見た日本伝統の大工技術と、彼なりの家づくりのこだわりを教えてもらった。

仕事での汚れがよく落ちる最強の洗剤は?_00

大工たちの歓喜の歌、『建設工具交響楽団 「第九」』がスゴイ!!

フロイデ、シェーネル、ゲッテルフンケン〜♪……、そう口ずさみたくなる保証はありませんが、『TEAM SUSTINA』が制作した建設工具を使って奏でるベートーヴェンの『交響曲第九番 第四楽章』が面白い。

おすすめ記事(PR)

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる_00

【プラスバイプラスの「シゴトのこだわり」】経営革新・利益拡大・人材確保、全ては「人を大切にすること」から始まる

【職種 CADソフト販売・サポート・コンサルティング】建設業界またはそれに関連するシゴトに就く人々に、面白さ、魅力、働いてみて大変だったことなどをインタビュー。「リアル」に迫ります!! −vol.12 株式会社プラスバイプラス−

2017.12.08

特集

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた_00

安い・簡単・高クオリティと噂のCADツールに敏腕編集部員のこのオレがフリーハンドで対決を挑んでみた

今回、素人でも使えてWEBで簡単に住宅のCAD設計ができるツールがあると聞き、「そんなもんより俺の方が上手く書けるし」と思ったサスマガ編集部員が、フリーハンドで速さ、綺麗さ勝負を挑んでみました。

2017.11.27

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?_00

ワイルドな働き方すぎて、匂いケア忘れてませんか?

「仕事なんだから男なら、匂いとか、細かいことは気にしない」なんて、ワイルドすぎる働き方をしてませんか? ただ、何かにつけて「ハラスメント」になってしまう世の中なので、これは是非とも気をつけたいところ。そこで今回は、匂い対策を紹介します。

2017.04.12

ランキング

「格闘家」だけを雇用する金属工事の会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】_00

「格闘家」だけを雇用する金属工事の会社『(株)逸鉄』が「建設業×格闘技」で日本人職人の育成を目指す【趣味・スポーツ × 建設業】

格闘家を従業員として雇用する金属工事の工務店『(株)逸鉄』。そこで働く職人5名は全員が「ブラジリアン柔術」と呼ばれる、寝技を主とした組み技系の格闘技に取り組んでいる。同社はなぜ、格闘家ばかりを雇い入れたのか? 代表取締役の方にインタビューしました。

2017.06.26

建設現場にある安全標語の「上手いこと言ったったぞ!」感がちょっと……(笑)_00

建設現場にある安全標語の「上手いこと言ったったぞ!」感がちょっと……(笑)

建設現場においては、さまざまな危険を防止するために、数々の安全標語が張り出されます。思わず目を向けてしまうような標語を集めてみました…

2017.09.29